CARでTRIP

車での旅行について紹介するページです。

車中カフェ~信州・霊仙寺湖~

 ぴむです。

 2月14日はバレンタインデーでしたね。私もチョコレートを用意しました。

 今回は夫にあげたチョコレートを持って車中カフェに行きました笑

 

 

霊仙湖とは?

 霊仙寺湖(れいせんじこ)は、長野県上水内郡飯綱町にある信濃川水系ソブ川に建設された人造湖で、農業用のため池である。

引用:霊仙寺湖 - Wikipedia

 今はオフシーズンですが、湖の周辺にはキャンプ場・温泉施設もあります。グランピングもできるようですよ~。

 

今回のスイーツは?

 夫にあげたチョコレート!モロゾフのトリュフアソートメントです。バレンタインのチョコレート売り場は激混みで苦手なので、毎年オンラインで発注しています。丁度いいお値段(私的に)で、なかなか美味しいです。個数も多くて、いろんな味が楽しめます。

f:id:PimU:20210217201831j:plain

 

霊仙寺湖で車中カフェ

 湖の近くに駐車場があります。冬はオフシーズンのため、かなり空いています。

車窓からの風景はこちら↓

f:id:PimU:20210217201844j:plain

湖の様子はこちら↓

f:id:PimU:20210217203729j:plain

 暖かくなったら車中泊とか、キャンプに挑戦してみたい場所でした。

それでは、またね★

車中カフェ~信州・野尻湖~

 ぴむです。

 長野県信濃町にある野尻湖で車中カフェしてきました。天気が良く、気持ちいい日でした。

 

 

野尻湖(のじりこ)とは?

野尻湖(のじりこ)は、長野県上水内郡信濃町にある。古くは信濃尻湖(しなのじりこ)と呼ばれた。芙蓉湖(ふようこ)とも呼ばれる。ナウマンゾウ化石が出土する湖としても知られており、発掘調査が行われる。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。天然湖で、妙高高原黒姫高原とともに妙高戸隠連山国立公園に指定されている。

引用:野尻湖 - Wikipedia

 長野県の天然湖としては諏訪湖に次いで2番目に大きいそうです。今回は行きませんでしたが、ナウマンゾウ博物館もあります。ナウマンゾウ、学生の時教科書に載っていた気がします。

 

今回のスイーツは?

 「旬彩菓たむら」にてお菓子を購入してきました。

 HPによると、ひとつひとつの素材を吟味し、昔ながらの手作業で実直に和洋菓子を製造されているとのことです。オンラインショップもあり購入できます。

 

車中カフェin野尻湖

 湖畔の駐車場にて車中カフェを行いました。湖が目の前に広がっていて素晴らしいです!

f:id:PimU:20210211202951j:plain

f:id:PimU:20210211203445j:plain

 紅茶とお菓子をセッティングしてスタートです。(前回は紅茶を忘れてお白湯でした。)外で飲む紅茶はいつもより美味しく、写真左のスイートポテトはほどよい甘みで芋の味もいかされていました。写真右の「円まん」というお菓子はお店のオリジナル商品で最中の中に餡子、求肥(餅のような触感の菓子)が入っています。さくさくで上品な甘さとのことでした。

 野尻湖は冬はワカサギ釣りが盛んなようです。釣り船が動いているのが見えました。

 冬場のせいか空いていてゆっくり過ごせました。また違う季節にも来たいなと思いました。今回もリフレッシュできました。

 

 それでは、またね★

車カフェ ~信州・姨捨(おばすて)の棚田~

 ぴむです。

長野県千曲市にある姨捨(おばすて)の棚田を見に行ってきました。その後、車カフェしました。*1

 

 

姨捨の棚田とは?

姨捨棚田(おばすて たなだ)とは、日本中部地方の、長野県千曲市八幡[gm 1](※1889年明治22年〉時の更級郡八幡村江戸時代における信濃国更級郡八幡村界隈、幕藩体制下の信州長楽寺八幡村・信州松代藩知行八幡村等)にあって、古より「田毎月」の名所と謳われてきた棚田である。姨捨の棚田[gm 2]ともいう。

引用元:姨捨棚田 - Wikipedia

  棚田=斜面にある段々になった水田です。引用にもあるように昔から月の名所として知られています。今は冬なので田に水が張られておらず、月はうつりません。しかし、景色が美しく静かでいい場所でした。

 

姨捨の景色

 写真を撮影してきましたので紹介します。

f:id:PimU:20210206221853j:plain

 

f:id:PimU:20210206222028j:plain

f:id:PimU:20210206222115j:plain

 

 

f:id:PimU:20210206222233j:plain

 

車カフェin姨捨

  棚田の入口付近に駐車場の案内があります。そちらに車を停めました。何台か停めることができます。無料です。

 夕方に到着したので車カフェする頃には、すっかり暗くなっていました。車内ライトをつけたら少しムーディーな雰囲気です。

f:id:PimU:20210206222453j:plain

 

 実は今回、紅茶を持ってくるのを忘れてしまいました…。なので、お白湯を飲みました。外はかなり寒かったのですが、一気に温まりました。車カフェすごいです!

 

それでは、またね★

*1:カフェ気分で車内で飲み物を飲んだり、お菓子を食べることです

車カフェ ~道の駅オアシスおぶせ~

 ぴむです。

「道の駅オアシスおぶせ」で車カフェしてきました。車カフェとは車内でカフェ気分でコーヒー、お茶、お菓子を楽しむことです。

 

 

 小布施(おぶせ)とは?

小布施町(おぶせまち)は、長野県の北東に位置する。長野県内で最も面積の小さい自治体である。

葛飾北斎をはじめとする歴史的遺産を活かした町づくりを行っており、今や北信濃地域有数の観光地として認知度も高くなっている

引用元:小布施町 - Wikipedia

 

小布施のパティスリーロントでお菓子を購入

 人気の洋菓子店です。小布施は栗菓子が有名ですが、今日は紅茶を飲む予定なのでこちらに伺いました。ケーキ、チョコレート、焼き菓子、菓子パンが並び素敵な店です。

 

道の駅オアシスおぶせ(小布施ハイウェイオアシス)で車カフェ

 こちらは一般道だけでなく、上信越道上り、下りからも入ることができます。

f:id:PimU:20210203211030j:plain


 駐車場に車を停めました。

 

f:id:PimU:20210203210205j:plain

 

  セッティングをしていただきます。紅茶とパティスリーロントで購入したオランジェットです。

f:id:PimU:20210203210929j:plain

 美味しくてお菓子を追加!同じくパティスリーロントで購入。

f:id:PimU:20210203211457j:plain

 公園が併設されているので少しお散歩しました。夕焼けがきれい。

f:id:PimU:20210203211621j:plain

 

 それでは、またね★

 

車カフェ ~スタンレーの水筒を持って~

 ぴむです。

今回は車旅にむけて、購入したグッズを紹介します。

STANLEY(スタンレー)のマスター真空ボトル1.3L(要は水筒)です。

 f:id:PimU:20210130211821j:plain

 

 

 

STANLEY(スタンレー)のマスター真空ボトルとは?

 

 STANLEY(スタンレー)は創業100年を超えるアメリカのブランドです。最も有名な商品は「魔法瓶の水筒」です。中でもマスターシリーズは、特に優れた保温保冷力があります。60度以上/40時間の保温力・10度以下/35時間が目安になっています。

 これさえあれば、温かいor冷たい飲み物が車旅で楽しめますね!

使ってみるべく、「車カフェ」してみた

 まだ納車になっていないので夫の車に乗って、とある山へ行き車内でお茶をしてみました。車でお茶を楽しむ=車カフェです!

今日は雪景色がきれいでした。外は寒いけれども、車内は快適です。

f:id:PimU:20210130224524j:plain

 

f:id:PimU:20210130224722j:plain

f:id:PimU:20210130225010j:plain

f:id:PimU:20210130225808j:plain

 

使用してみた感想

 今日はお湯を昼くらいに入れて夕方に飲みました。全然冷めている感じはしませんでした。本来の性能であれば余裕ですもんね笑 また今度、時間を長くして試してみたいです。気に入った場所で飲むと、いつもの紅茶が一段と美味しかったです。いい景色と駐車スペースがあれば、カフェ気分で過ごせることがわかりました。これからも車カフェに行きたいと思います。

 

それでは、またね★

車旅に憧れる3‐車購入‐

 ぴむです。

今回は車の購入について書こうと思います。

私は普段使いにも旅にも向いた車としてスズキのエブリィワゴンを選びました。

(選定については前回ブログで書いています ↓

 

cartrip.hatenablog.com

  

 

新車か中古車か

 まずここで悩みました。

新車のメリット

・不具合の心配がない

・オプションも好きにつけられる

・車の色が選べる

新車のデメリット

・価格が高い

 

中古車のメリット

・価格が抑えられる

・欲しいオプションが最初からついてる場合もある

中古車のデメリット

・車の状態が運次第

・カーアクセサリーが後付けできないものもある

・在庫次第なので選択肢が少ない

 

 

車旅にいいなと思ったカーアクセサリー

 スズキのエブリィワゴンには、たくさんのカーアクセサリーがあるのでカタログをもらい検討しました。調べてみると後でつけれないものもあったり、純正以外に社外品もあるようなのです。

カータープ

 「ogawa」とのコラボ。ogawaは老舗アウトドアブランドです。後部ドアを開けた状態で取り付けられるタイプです。タープはキャンプをするときには欲しいと思ってたので心惹かれました。

バックドアネット

 後部ドアを開けた時にアミ戸的役割をしてくれます。風が通っていいですね!

プライバシーカーテン

 運転席と後部座席の間を仕切ってくれるカーテンです。プライバシーシェードもあるのですがフロントガラスまで貼ると「車中泊してます!」ってかんじになりますし、ちょっと休憩の時はこっちのほうが手軽だと思います。

ベッドクッション

 座席を畳んでこれを広げればフラットな状態になります。車中泊をするなら快適に眠りたいですもんね。

フロアマット

 定番ですね。汚れが気になるなら必須です。

ドアバイザー

 上に同じく定番ですね。雨の日でも窓を少し開ければ換気できます。

ACパワープラグ

 ラゲッジスペース左側面に付きます。これは車発注時のみOKなカーアクセサリーです。

車内でAC100V(100W)の電化製品の使用ができます。キャンプだけでなく、防災の観点からもあるといいなって思います。

ルーフキャリア

 車の屋根に荷物を積むためのものです。キャンプ道具と持ち帰りのゴミとか乗せられると助かりますね。

カーナビ

 必要ですよね!私は道が覚えられないし、地図も見るの苦手なので!

ETC

 旅するなら必要ですね!割引もありますしね¥

ドライブレコーダー

 あおり・危険運転対策に!備えあれば憂いなしですかね。

 

我が家の選択

 希望のカーアクセサリーが付いていなかったり、走行距離に対しての値段を考えた結果、新車で発注することにしました。カーアクセサリーにこだわった結果(上記を全部付けた訳ではないですが)、予算を若干?超えてしまいました。うーん。その分は節約生活するしかないなぁ。

 

 次回は車旅に必要な道具について揃えた物を紹介しようと思います。

それでは、またね★

車旅に憧れる2‐車選び‐

 旅が大好きなぴむです。

今回は車の選定について書きたいと思います。

キャンプとか車中泊にも向いていて、軽自動車で、愛着が持て、予算との折り合いがつくという条件で探しました!

 

 

車をリサーチ

 まず、どんな車があるのかネットや雑誌を使い探してみました。

・ウェイク/ダイハツ

・エブリィワゴン/スズキ

NBOX+/ホンダ

クリッパーリオ/日産

ハスラー/スズキ

タウンボックス/三菱

・・・などなど。この時点では全然絞り込めていません。

 やはり、ここは実際にみてみないといけませんね!

 

車を見に店舗へ

スズキ

 エブリィワゴンを見に行きました。

実際に軽キャンパーに改造しているほとんどが「エブリィワゴン」らしいという情報をWEBでみました。本当のところは定かではないのですが、気になります。

結果からいうと、とても気に入りました!

試乗車があり、実際に運転させていただきました。

前の愛車(アルト)よりも車高が高くなりましたが、かえって見やすく高すぎないです。揺れも少なく感じます。10年で車も進化しているのだなと痛感。ハイルーフタイプは天井も高く、ベットキットも入れられそうです。後部スペース+荷台は足を伸ばして横になれました(試しました)。

 

日産

 クリッパーリオを見に行きました。

エブリィワゴンに形は似ています。というかほぼ同じ?ってかんじです。

こちらは、試乗はできませんでしたが、ユーザーが店舗スタッフでいらっしゃって見せていただきました。オプションをつけていたり、カスタマイズされていて参考になりました。スズキに比べてカーオプションも見劣りせず値段次第かなというかんじでした。

 

三菱

 タウンボックスを見に行きました。

実際には見れませんでした。残念です。形はエブリィワゴン、クリッパーリオと同様な感じだと思われます。パンフレットを見ながら説明してもらいました。カーオプションがスズキ、日産に比べると少なめでした。ここのショールームはアットホームな感じでした。なんだか家族経営的な雰囲気がして、ほのぼのしました。

 

ホンダ

 NBOX+を見に行きました。

いままでは似ている感じの車をみてきたのですが、比較として違うタイプも見ておこうということになり行ってみました。試乗車があり実際に運転しました。

乗り心地は一番よいと思います。軽自動車というより小型の普通車ってかんじです。

素晴らしい!ただ、広さはエブリィワゴンなどと比べると小さめです。ハイルーフではないし、フルフラットにはならないタイプです。車中泊を考えている場合はちょっと大変かも(無理ではないです)。

 

ダイハツ

 行こうと思った日が定休日でした。結局行かずに終わってしまいました。

 

結果発表

スズキのエブリィワゴンに決めました!

 広さ、カーオプションの多さ、値引き額、そして好感の持てる営業さんが決め手です。

 

 次回はカーオプションについて書こうと思います。

それでは、またね★